• トップ

歯科にある検査の種類

歯科の検査の種類と目的

歯科医院で行われる検査

歯科医院には、毎日多くの患者さんが訪れます。痛みなどの症状を持つ患者さんが多いですが、痛みの種類によっては自分でどこが痛いのかも分からなくなってしまうことがあります。そのような時は検査をして、痛みの原因となる歯を特定しなければいけません。歯科の検査にはいくつかの種類があります。最も多く行われるのが、レントゲンです。直接見ることのできない、歯の中の様子や骨の様子が分かり、どこが悪いのかを確認することができます。ただ、レントゲンというのは、三次元的なものを平面であらわしているので、状態によっては見えにくいこともあります。そこで、歯科医院ではCTを導入し、三次元的な様子が分かるようにしているところもあります。歯がグラグラしていないか、ピンセットで確認したり、痛みのある場所を特定するために歯を叩いてみることもあります。知覚過敏の場合は、冷たい風を吹きかけてみる検査もあります。また、検査は歯だけでなく、歯茎のポケットと呼ばれる部分を測定するものもあります。このような種類の中から、必要な検査を使い、歯科医院では患者さんの病状を正確に把握して、治療に活用しています。毎日行われるものばかりで、治療に欠かすことができません。

↑PAGE TOP

Menu