歯科の検査でチェック

歯科の検査のポイント

歯科医院の様々な検査

痛みなどの症状があり、歯科医院を受診すると原因を見つけるために様々な検査を行います。目で見て分かる状態だけでなく、歯の中にある神経などは見ることが出来ないので、レントゲンやCTを撮影します。これにより、歯だけでなく、歯を支える骨の状態までを確認することができるというポイントがあります。歯科医院では、他にも様々な項目をチェックします。歯に痛みがある場合、どこの歯が痛むのかを確認するために、冷たい風をあてて、どこが痛むのかを調べます。風をあてることで、歯の神経が生きているかどうかも同時にチェックできます。歯科医院の検査は、歯がグラグラしていないかを調べるだけでなく、歯茎の状態もチェックします。歯と歯茎の境目には、ポケットと呼ばれる溝があります。この溝が深くなると歯周病が進行しているので、歯茎の検査のポイントとして、数値でチェックしていきます。歯科医院では、歯茎の色や状態といった目で確認するポイントと共に、指先で歯の動きをチェックすることもあります。患者さんの状態を正確に把握するためにも、歯科医院の検査は欠かすことができません。正確な診断をすることで、治療に活用されて、痛みを取り除くことができます。

↑PAGE TOP

Menu