• トップ /
  • 歯科検査の特徴について

歯科検査での特徴

歯科検査の特徴について

定期的な歯科検査を受けよう

3ヶ月から半年に1度は歯科検診に行きましょう。虫歯になってから行くと治療に時間がかかりますし、大切な歯を削らなければならなくなってしまいます。一生健康な自分の歯でいられると、美味しくお料理を食べることができ健康に長生きできます。検査費用は3000円から4000円程度です。歯周病や虫歯になっていないかどうかの検査や歯石の除去・粘膜の状態の検査などどれも基本的な診断なら保険適用されるという特徴があり、その程度のお値段で大丈夫なのです。レントゲンを行なわないならそれよりも1000円ほど安くなります。乳幼児健康審査の一つとして1歳半と3歳の子供なら無料で受けることができます。自治体によっては、それ以外の年齢でも無料の歯科検診を実施しているところがあります。妊娠中はホルモンの量が増加し歯肉炎になりやすく、つわりの影響で虫歯になりやすいという特徴があります。そのため妊婦さん向けの無料の歯科検診というのもあります。まずは自治体のホームページで調べてみてください。それに3000円から4000円かかったとしても虫歯になるよりは定期的に見てもらっていたほうが安心です。もしも虫歯になってから行くとなると1箇所に付き2000円から15000円かかります。銀歯を被せるのではなく美しい歯を取り戻したいと言うなら保険適用がないという特徴から、安くて10000円です。

↑PAGE TOP

Menu