• トップ /
  • 入れ歯によって補う歯では

入れ歯によって補う歯

歯科の検査の種類と目的

入れ歯によって欠損した歯を補う

虫歯や歯槽膿漏が原因で歯を失った時に役立つのが入れ歯です、これは1つ1つオーダーメイドで作ってもらいますが保険が適応されるものあるので案外手ごろで手に入れられます。欠損した状態で放置していますと残った歯が隙間を埋めようとして倒れてきてかみ合わせが悪くなってしまいますので入れ歯をしてかみ合わせを保ちましょう。あるのと無いのとでは大違いで咀嚼や会話の手助けをしてくれます。歯茎が痩せてきた場合は裏側を修正することで使い続けることができます。

歯を失った人のための入れ歯

自分の歯を失ってしまった場合の治療法の1つに入れ歯があります。歯が1本も残っていない場合に全部の歯の代わりになるものと、部分的に歯がないところだけに入れるものがあります。部分的に歯がない部分を補う部分入れ歯は、残っている歯に金属の留め具をひっかけて固定するものです。使用する素材などによって費用は異なっており、保険適用になるものもありますし、保険適用されないものもあります。インプラント治療などに比べると、費用は安くすみます。

↑PAGE TOP

Menu